ヤモリの飼育

私の家はマンションなんですがそのエントランスにヤモリがいたそうです。

いたそう・・・と言うのは、私が見つけたのではなく、見つけたのは嫁と娘。そして、捕まえてきました(ーー;)

ヤモリの画像

普通ならいたからといって捕まえて飼育をするなんてことはないと思うんですが、昨年より嫁さんはトカゲに夢中になっていました。その影響でヤモリも捕まえることができたんでしょうね(ーー;)それまでは爬虫類や虫を触ることも躊躇していたのですが・・・まぁそのきっかけを作ったのも私なので何も言えなんですけどね(^_^;)

ということで、我が家でヤモリの飼育が始まったわけです。ヤモリや家守とも言って家を守ってくれるなんて言われているので縁起のいい生き物なんでいいですけどね。

とは言うものの、日中はほとんどじっとしていて、私たちが寝静まったことに動き出しているみたいなのでほとんど見ることもできませんし、ましてや人に慣れることなんてないみたいですね(^_^;)嫁さんも捕まえるときにパクリと噛まれたみたいですよ(痛くはないのですけどね)

でもね、じぃ~っと見ているとなんだか愛らしくなるのもわかる気がしなくもないかな(^-^)

ヤモリ エサ

ところでヤモリのエサって何だ???イメージでは街灯の光によってくる蛾何かを食べていると思っていたのですが・・・流石に蛾を捕まえてくることはできないので、調べてみた。

意外となんでも食べるみたいですが、すぐに手に入れることができるのはペットショップで販売しているミルワーム。これなら近くのペットショップに売っている、と言うよりもトカゲのエサとして既に買っているものなので困りませんね。

極力、自分で取りに行くことがないようなエサがいいですよね~。トカゲは去年も飼っていたのですが夏場はよくくろんど池にエサになるバッタやコオロギを捕まえに行きましたよ(^_^;)

残念ながらヤモリがエサを食べているシーンを見ることはできませんでした。夜行性なので仕方ないですね。ミルワームがいつも姿を消していたので食べているのでしょう。

ヤモリ 冬眠

ヤモリは冬眠するのだろうか?多分冬眠するのですが、家で飼いながら冬眠させるのは意外と難しいみたい。これはトカゲも同じ。冬眠中に亡くなることもよくあるということです。なのでトカゲもヤモリも飼育するのは夏場だけ。

なので先日ヤモリを元いた場所に返してあげました。

と言ってもマンションのエントランスなんですけどね(^_^;)流石にエントランスに逃がすのも良くないと思い、そばの植木のところのい逃がしてあげました。

娘が必死になって捕まえて逃がしてくれましたよ。

ヤモリを捕まえる画像

画像を見るとわかるのですが・・・大きな口を広げていますよね~

ご想像通りこの後・・・

ヤモリに噛まれる画像

ヤモリに噛まれることになりました(^_^;)やっぱり数ヶ月飼育しても慣れることはありませんね・・・

このあと、無事にヤモリを逃がしてやることができましたよ。

さて、ここからはヤモリの写真を一挙公開していこうと思います。

ヤモリの走る姿の画像

ヤモリの走る姿。

お尻をフリフリ、体をくねくねして走るんですよね。ヤモリって。この走り方も愛らしいですよね~

ヤモリの画像表

ヤモリの表の姿です。普段はこんな感じで壁にくっついていますよね~

ヤモリの画像裏側

で、裏から見るとこんな感じに見えています。

あまりヤモリを裏側から見ることはなかったのでなんだか新鮮な感じがしましたよ(^-^)

それにしても、この手はなんにでもひっつくことができるんですね~

ヤモリの手の画像

昼間は暗いところに隠れています。

体隠して手を隠さず。

そんな感じですね(^_^;)

ちなみに、目を合わせているとそ~っと逃げていくんですよ。

「なんだか見られている(ーー;)・・・ちょっと場所変えよ」

みたいなことを考えているのでしょうか?

元気な姿をまた見せてくれることを期待しています(^_^)

ということで、この中に登場してくる「トカゲ」こちらもまた機会があったら紹介したいと思います。

スポンサーリンク
広告