イモリ

と言うことで、我が家にイモリがやってきたんです(^_^;)

どこからやってきたかと言うと・・・このイモリは滋賀県産です!!

先日、嫁の実家の芋ほりの手伝いをしに滋賀県に行ってきたのですが、サツマイモを栽培しているところにマルチと言う黒いビニールのシートを敷いているんですが、その下にイモリが住んでいました(^_^;)

実は去年もいたんです。けど、買うのが難しいからと言って持って帰らなかったのですが・・・今回は持って帰ることになりました(>_<)

ということで、イモリの飼育方法を調べることになったんです。

スポンサーリンク
広告

イモリの飼育

今回イモリを初めて飼育するので初めから調べることになりましたよ(>_<)と言っても、飼いたいといったのは娘と嫁なので私はそれほど調べていませんけどね( ̄ー ̄)

イモリの飼育 餌

イモリに限らず、生き物を飼育するときにまず大切なことは餌の調達をすることができるかどうかですね。餌が無ければ飼育なんて不可能ですから。以前、ニホントカゲとカナヘビを飼っていたのですが冬になると餌の調達がとても大変でしたよ(>_<)冬眠させればいいのですがそのまま亡くなる可能性があるということなので、温かくして冬眠しないようにしていました。そうなると餌が必要ですから・・・冬は外に虫がいません。と言うことで、定期的に購入しないといけないんですが・・・高いんです(>_<)

で、イモリの餌ですが調べてみるとアカムシやイトミミズでいいみたい。乾燥アカムシや冷凍されているものでも良いみたいですし、ペットショップで購入しても安いのもいいですね。これなら冬でも飼育することが可能ですね。

イモリの飼育 冬眠

冬の話が出たのでついでに、イモリの冬眠です。

自然界に住んでいれば当然冬眠します。ただ、10度以上あれば冬眠しないみたいです。室内で飼育していれば10度以上になるので冬眠することもないですね。

冬眠させたい場合は・・・調べてくださいね(^_^;)

イモリの飼育 水槽

イモリは両生類なので水辺が必要になりますし、イモリは泳ぐのも得意ですし、水中で餌を探したりするそうです。

なので、水槽には陸地と水が必要になります。

それから、身を隠すための場所もあるといいですよね。水槽の底には金魚等で使用する砂利もおいてあげるといいみたいです。

アカハライモリという種類は大きさもそれほど大きくならないので普通の大きさの水槽を利用することができるので助かりますよ。

ちなみに今回見つけてきたイモリもアカハライモリです。

飼育するためにはとりあえず、餌を調達できて、飼育環境に必要なものをそろえることが大切ですよね。

イモリ 寿命

イモリって意外と長寿だそうです。

自然界に住んでいるイモリは20年とか生きるそうですよ。

飼育しているイモリでも10年以上生きるみたいです。末永く飼育することができるのは良いですよね。

愛情をこめて飼育していければいいですよね(^_^)

イモリ 毒

イモリの飼育に関して調べていたら『毒』と言うワードが出てきます。

(;゚Д゚)!イモリって毒があるの???

って思ってしまいました。なんとなく、毒なんて持っていないと思っていたので(^_^;)

で、その毒なんですが・・・テトロドトキシンだそうです(ーー;)聞いたことありますよね?これってフグ毒と同じです。神経系を麻痺させる猛毒ですよね(;゚Д゚)!

それと同じ毒をイモリは分泌しているんです(>_<)

まぁそうですよね~アカハライモリのお腹って『私、毒持っていますよ~』って感じしていますもんね(^_^;)

と言うことは飼育するのは危険なのでは???って思ったのですが、分泌量がごくごく少量で、ほとんど影響がないくらいです。

イモリの毒は体につく細菌を防ぐために分泌しているそうですよ。

ただ、イモリを触ったら石鹸で綺麗に洗うことは心がけたほうがいいみたいですね。洗わずに目等についてしまうと炎症を起こす恐れがあるみたいです。

イモリを触ったら手を綺麗に!これはイモリに限らず当たり前ですけどね。

イモリとヤモリの違い

イモリ、ヤモリ。

昔はどっちがどっちなのかわかりませんでしたし、両方とも同じ生物だと思っていた時期もありましたね(^_^;)

イモリとヤモリの大きな違いは、

イモリ⇒爬虫類

ヤモリ⇒両生類

と、全く違う生き物なんですよね。

ヤモリは家守と書いて、家を守ってくれると、言われていますよね。私もこれは知っていたのですが、イモリにもこれと同じようなことが言われているんですよ。

イモリは井守と書かれるそうです。井と言うのは井戸の井ですよね。つまり、イモリは井戸を守ってくれる生物なんだそうです。

今でこそ井戸を使っているところも珍しいですが、昔は井戸が当たり前でしたからね。そして、水は今も昔も貴重なものだったのでイモリは大切にされていたのでしょうね。

と言うことで、イモリを飼育することになりました。

生き物を飼育するとその生き物について調べるのでいろいろと知識がつきますよね(^_^;)

捕まえたイモリが何歳なのかはわかりませんが、10年以上生きるということなので長い付き合いができるように大切に飼育していけたらいいなぁ~と思います。

ちなみに、写真では1匹しか写っていませんが、捕まえてきたのは2匹なんですよ。1匹では寂しいから!と言っていました(^_^;)

スポンサーリンク
広告