大阪光のルネサンス

冬になると恋しくなるのがイルミネーションじゃないですか?

大阪にも素敵なイルミネーションやイベントがたくさんあるのですが、その中でも私が一番気に入っているのが「大阪光のルネサンス」です。「大阪光の饗宴(きょうえん)」とも呼ばれているみたいですね。クリスマスシーズンになると大阪市内のいたるところで素敵なイルミネーションを見ることができます。

なかでも大阪光のルネサンスには毎年行っているのですがその中でも一番のおすすめは大阪府立中之島図書館を会場としている「ウォールタペストリー」です。

大阪光のルネサンス ウォールタペストリー

この「ウォールタペストリー」は大阪府立中之島図書館の壁面をスクリーンに光で絵画が描かれるのですが、これが音響と組み合わさり、ストーリー性あふれる壮大な作品なんですよ。毎年これを楽しみにして光のルネサンスに来ているのですが、毎年感動させられてしまいます。

写真撮影が可能なので毎年撮影はしているのですが、この感動は実際に見ないと伝わりません(>_<)取りあえず参考までに載せておきますね。

ウォールタペストリーの画像

やっぱり写真じゃ伝わりません(^_^;)

このウォールタペストリーの開催時間ですが、2016年は12月14日から25日まで。

時間は平日が19時、19時30分、20時、20時30分、21時の計5公演

土日祝が18時、18時30分、19時、19時30分、20時、20時30分、21時の計7公演

しかもこれ無料で観覧することができるのも素敵ですよね。ただ、無料ということもあって・・・結構並びます(^_^;)それでも見る価値はあると思いますよ。

ウォールタペストリー以外にもたくさんありますよ。大阪市中央公会堂を利用してのプロジェクトマッピングなんかもいいですよ。

こちらも無料で観覧できるほか連続して何回もプロジェクトマッピングを流してくれますし、並ぶ必要もありませんから気軽に楽しむことができますよ。

2015年の光のルネサンスにもあった「中之島スマイルアートプロジェクト」が2016年にもあるみたいですね。

大阪光のルネサンスの中之島スマイルアートプロジェクト

これはワークショップになります。つまり参加型のイベントですね。「ひかりの実」というものを気にかけていくのですが・・・なかなか幻想的で素敵ですよ。

これは誰でも参加することができて、果実袋に笑顔とメッセージを描いて中にLEDのランプを入れて組み立てるんですよ。こんなかんじになります↓

スマイルアートプロジェクト

↑娘が笑顔を書いてるんですが・・・4歳ならこんなもんでしょう(^_^;)

↓これが出来上がり。木にかけたら完成です。

スマイルアートプロジェクト作品

光のルネサンスにはこれらの他にも屋台もたくさん出ているんです。これも楽しみの一つですよね(゚∀゚)寒い季節なので温まるものを食べたくなるんですよ。中でもホットワインなんていうのはお勧めですよ。

もし興味があったら今年は光のルネサンスに行ってみてくださいね。この時期は中之島だけでなく御堂筋もライトアップされていますし、大阪市内の各地でいろんなイルミネーションがありますから歩き回ってもいいかもしれませんね。

私もどこかで行こうと思っています。行ったらその記事もアップしますから。

大阪光のルネサンス 時間

大阪光のルネサンスの開催時期と時間です。

2016年12月14日(水)から2016年12月25日(日)の12日間。

いつもクリスマスまでなんですよね。ちなみに御堂筋イルミネーションは年明けまでしています。各地の日時もバラバラなので確かめてくださいね~

大阪光のルネサンス アクセス

光のルネサンスは京阪淀屋橋駅や中之島線のなにわ橋が最寄駅になります。

ちなみに私はいつも車で行くのですが・・・やっぱり電車で行くことをおすすめします(^_^;)混みますしね。市内なので駐車料金も高いですしね。ちょっと遠くに止めると比較的安い駐車料金ですが歩かないといけません。去年は中之島駅から電車を乗りましたよ(^_^;)

ここから今まで行った光のルネサンスの写真をアップしてみたいと思います。

作品の画像

↑会場の一角には芸大等が出展しているエリアもありますよ。

プロジェクトマッピングの画像

↑プロジェクトマッピング。この時は雪の小人みたいな可愛らしいキャラクターがリズミカルに踊りを披露してくれました。

ウォールタペストリーの画像2

↑ウォールタペストリー。座る場所は並んだ順番で変わってくるのでどこで観れるかわかりません。

サンタのイルミネーションの画像 くまのイルミネーションの画像

↑こんなキャラクターもイルミネーションであった時もありましたね~。懐かしいです。

大阪光のルネサンスはとてもオススメですよ

詳しくは公式ホームページを見てくださいね⇒光のルネサンス公式サイト

スポンサーリンク
広告