スギヒラタケで脳症

スギヒラタケを食べた人の中には急性脳症を発症している人がいるそうですよ!

そして、中には死亡するケースも・・・( ゚Д゚)

スギヒラタケはスギや松等の針葉樹の切り株や倒木に生えるそうです。白いキノコが重なり合って群れて生えているのが特徴になるそうですよ。


(写真:農林水産省ホームページ)

そして、厄介なことに平成16年以前では普通に食べていたということです。特に、東北、北陸、中部地方でよく食べられているみたいです。

当初は腎臓の機能が悪い人が食べた場合のみこの脳症が発症すると考えられていたのですが、どうも腎臓が悪くない人でも脳症を起こしているケースもあるみたいです。

なので、農林水産省はスギヒラタケを食べないように注意喚起しています。

また、スギヒラタケを食べて急性脳症になる原因はわかっていないみたいです(>_<)

でも何で突然(゚д゚)!って思う人もいるかもしれません。私もそうでした。

ただ、調べてみると16年以前も同じようにスギヒラタケを食べた人で脳症のような症状を起こしていたケースがあったみたいです(>_<)

そうなるとスギヒラタケはもともと何らかの毒性があるのかもしれませんね。

ということで!スギヒラタケは食べないようにしましょう!!ということです。

もう一つ厄介なことがあるのですが、スギヒラタケは地方によって名前が変わっているそうです(゚д゚)!これも厄介ですね~

詳しくは農林水産省のホームページを見たください。

特に、おじいちゃんおばあちゃん世代は子供のころから食べていたかもしれません。しかも、自分で採りに行っている可能性もありますよね。

念のため注意しておくほうがいいかもしれませんよ。

防げる脅威は防ぎましょう!

スポンサーリンク
広告