ふるさと納税の限度額

今年もふるさと納税の季節がやってきましたね!

季節といってもふるさと納税って年中することができるんですよね(^_^;)実は・・・というのを知ったのは最近ということは内緒です( ´艸`)

で、ふるさと納税を考えるときに必要になってくるのが限度額。

そいえば、私の限度額はどれくらい?ということで調べてみました。昨年はふるさと納税をすることができなかったのですが、今年はなんとかふるさと納税をして節税をして、お得な返礼品を手に入れたいと思っています!!

スポンサーリンク
広告

ふるさと納税 限度額 計算

ふるさと納税の限度額ってどうやって計算するのか?

そもそも、なんで限度額を知る必要があるのか?これは、実際は限度額というのはないんですよね。それでも限度額という言葉が存在するのは・・・実質2000円でお得な返礼品を頂くために必要になるんです。

どういうことか?

結局は年収や家族構成によって減税される金額が決まっているというだけの話。それ以上の金額をふるさと納税しても減税されず、本当の寄付になるだけなんです。

なので、ふるさと納税はあなたが希望するならいくらでもできると言うことです!!と言っても・・・やっぱり一番お得にふるさと納税をしたいと思います(^_^;)その為に、限度額を知っておく必要がありますよね。

私の場合は・・・31000円くらいになりますね。

自分のふるさと納税の限度額がどれくらいになるのかを簡単に計算するにはこんなサイトを利用するといいですよ

控除シミュレーション

年収とだいたいの家族構成を入力するだけで簡単に限度額を知ることができますよ。そして、そのままふるさと納税をしておく!これが大切!!人間はすぐに忘れてしまいますからね(^_^;)あっという間に年越してしまいますよ・・・

ふるさと納税 限度額 早見表

ということで、ふるさと納税の限度額の早見表を作ってみました(・∀・)b

これはあくまで参考にしてくださいね。

ということで、年収が300万円の人でも家族構成によっては十分ふるさと納税をしたほうがお得な場合があるということですね。

ふるさと納税って5000円くらいからでも十分お得な返礼品をもらうことができますからね(・∀・)b

ふるさと納税 限度額 超えた

もし・・・ふるさと納税の限度額を超えてしまったら・・・罰則が(;゚Д゚)!ありません(^_^;)前にも書いていますが限度額を超えた分は節税対策としての金額に入らないだけ。

つまり・・・あなた自身の財布が痛いだけ(>_<)ということですね

とはいうものの、上の表通り限度額いっぱいまでふるさと納税を行うと超えてしまう恐れがあります。ふるさと納税ではその他の税金や控除の加減で変わってくるみたいですから。正確な限度額を知るには専門家に計算してもらう必要がありますが・・・そこまでする必要はないような気がします(^_^;)

だいたい、5000円マイナスくらいで考えておこうかな~って私は思っていますよ。

もし超えたら、寄付をしただけですしね。

スポンサーリンク
広告