エプソンプリンタEP-805A廃インク吸収パットエラーの解除

エプソンプリンターEP-805Aを使っているのですが、

突然、こんなメッセージが表示されました(>_<)

「廃インク吸収パッドの吸収量が限界に達しました。エプソンの修理窓口に交換をご依頼ください。」

これですね(゚д゚)!

これが、ちょうど資料を印刷しようとしたタイミングでこれが出て、これ以降は印刷することができなくなりました(>_<)

焦りますね(;・∀・)・・・焦りました(゚д゚)!

で、調べてみると・・・

やっぱりありますね( ̄▽ ̄)

このエラーを解除する方法を紹介してくれている人がいました(・∀・)b

それを参考にして、実際に解除しました!!

ここでは、その一連の流れやそれ以外の解除方法のご紹介をしていますので参考になれば幸いです。

※この操作は公式のものではありません。試される場合にはご自身の判断に従ってくださいm(__)m

ということで、ご紹介していきます。

廃インク吸収パッドエラーが出た時の対応方法

廃インク吸収パッドの吸収量が限界を迎えると、このようなエラー表示が出て印刷をすることができなくなります。

調べてみると、対応方法は3種類ありました

  • エプソンに修理を依頼する
  • 解除ツールを使用する
  • リセットツールを利用する

これになります。

エプソンに修理を依頼する

結論としては

修理期間が過ぎていました(;・∀・)

これですね

エプソンプリンター修理対応画像

⇒修理対応期限:2018年7月31日

ずいぶんすぎています(;・∀・)

そもそも、発売日が2012年なので、10年前になるんですね(゚д゚)

その間に、何種類もプリンターが発売されているでしょうし、そりゃ、修理対象外にもなりますね・・・

解除ツールを使用する

調べてみると、

解除ツールが販売されています。

評価は悪くないですし、簡単に解除することも可能なようです(^-^)

ただ、1080円かかる・・・

もう少し調べて、以下の方法を見つけました。

リセットツールを利用する

最終的に、これにたどり着きました(^-^)

海外エプソンで以前ダウンロードすることができたようです。

「Adjustment Program」

というのがあり、それを利用すれば廃インクエラーのリセットをすることが可能なようですね( ̄▽ ̄)

しかも・・・無料です(・∀・)b

ということで、今回はこれを利用して廃インクエラーの解除をしてみました。

参考にさせてもらった、ユーチューブにダウンロードのURLがあったのでそこからダウンロードさせてもらいましたよ(^-^)

YouTubeはこちらです⇒https://youtu.be/yfrABRwAXeY

必要な人はここからダウンロードさせてもらいましょう(^-^)

ただし、ファイルのダウンロードはいろいろ問題がありますので、自己責任で行いましょう。

廃インク吸収パットエラーのリセット手順

ということで、

さっそく、エプソンプリンターEP-805Aの廃インク吸収パッドエラーのリセット手順をご紹介します

流れとしては

  1. ファイルのダウンロード
  2. プリンターとパソコンの接続
  3. エラーリセット開始

この流れですね。

ファイルのダウンロード

ファイルのダウンロードに関しては上記のYouTubeの概要欄からダウンロードしましょう。

YouTubeでも解除方法を紹介してくれていますので、動画のほうがわかりやすい(・∀・)bと、いう人はYouTubeを参考するのが良いと思います(^-^)

ダウンロードファイルはZIPファイルなので、解凍しましょう。

廃インク解除ダウンロードファイルの画像

ファイル名は「EP-805 EP-905」ですね。

中身はこれらになります

廃インク解除ダウンロードファイルの画像

YouTubeとはファイルの入り方が違いますが、内容は同じになりますね。

プリンターとパソコンの接続

廃インクエラーを解除するには、ダウンロードが入っているパソコンとプリンターをUSBケーブルで接続する必要があります。

今時のプリンターはWi-FiやBluetoothで接続して印刷することができるのですが、私はいつもケーブルを繋げているので問題ありません( ̄▽ ̄)

USBケーブルの接続は必須になります。

また、プリンターの電源は入れておきましょう。

廃インクエラーのリセット手順

パソコンとプリンターを接続したら、ファイルを開いて解除していきます。

まず、「XP600-605_700-750_XP-800-850」のファイルを開きます

廃インク解除ダウンロードファイルの画像

この中の、

廃インク解除ダウンロードファイルの画像

赤枠のファイル「AdjProg」をダブルクリックします。

このようなファイルが表示されます

廃インク吸収パッドエラー解除1の画像

内容が気になる人は翻訳してみましょう(^-^)

スマホでGoogleレンズを使用すれば、簡単に翻訳することも可能です( ̄▽ ̄)

内容的には、ソフトウェアのライセンスへの同意になりますね。

問題なければ『Accept』をクリックします。

廃インク吸収パッドエラー解除の画像

続いて、

プリンターのモデルなどを選択する画面に移ります

廃インク吸収パッドエラー解除の画像

「Select」を選択してプリンターのモデルを選択します

廃インク吸収パッドエラー解除の画像

Model NameはエプソンのEP-805Aプリンターの場合、「XP-750」を選択するみたいです。

これは、海外のモデルナンバーがこれに当たるみたいですね。

Portは「USB001」を選択します。

これがあるため、パソコンとプリンターを直接接続しておく必要がありますね(^-^)

選択した後は「OK」をクリックします。元の画面に戻ります。

元の画面に選択項目が反映されていることを確認しましょう

廃インク吸収パッドエラー解除の画像

この画面はこのままにして、もう一つのファイルを開いていきます。

こちらのファイルをダブルクリックです

廃インク吸収パッドエラー解除の画像

「Atibador do Reset」をダブルクリックします。

その中に、

廃インク吸収パッドエラー解除の画像

「Ativador」というファイルが入っています。

アイコンが「!」なので、開くのが恐ろしいかもしれませんが、ダブルクリックして開いても大丈夫です(・∀・)b

「Ativador」を開くとこれが開きます

廃インク吸収パッドエラー解除の画像

これですね。

先に開いているファイルと並べて表示させます

こんな感じですね

廃インク吸収パッドエラー解除の画像

2つのファイルを並べたら、

左のファイルの左上の「Drag me!」を右のファイル左下の「sequential adjustment mode」にドラッグ&ドロップします。

廃インク吸収パッドエラー解除の画像

そうすると、

始めは何も表示が無かった左の「Text」部分に表示が現れます

廃インク吸収パッドエラー解除の画像

表示された部分(上図の赤枠部分)をクリックします。

その後、左側の「Enable!」をクリックします

廃インク吸収パッドエラー解除の画像

「Enable!」をクリックすると、

右側表示の「sequential adjustment mode」が有効になるので、クリックします。

廃インク吸収パッドエラー解除の画像

「sequential adjustment mode」をクリックすると、新しいファイルが表示されます

これですね

廃インク吸収パッドエラー解除の画像

廃インクパットエラーをリセットするにはこの中の1つを変更していきます

下図の赤枠の「Waste lnk Pad Tray」を変更していきます。

廃インク吸収パッドエラー解除の画像

「Waste lnk Pad Tray」のドロップダウンから「Replacement」を選択します

廃インク吸収パッドエラー解除の画像

「Replacement」を選択したら、画面右上の「OK」ボタンをクリックします

廃インク吸収パッドエラー解除の画像

「OK」ボタンをクリックすると次の画面が表示されます。

・・・画面の移り変わりが多いですね(;・∀・)

廃インク吸収パッドエラー解除の画像

上図の赤枠の部分のチェックボックスにチェックをします

チェックしたら右下の「Check」をクリックします

廃インク吸収パッドエラー解除の画像

真ん中の画像だけをキャプチャーしました。

廃インク吸収パッドエラー解除の画像

「Check」をクリックすると、現在の値と、上限値が表示されます。

現在地が上限値よりも大きくなると、廃インク吸収パッドのエラーが表示されるんですね。

私の場合はちょうど100%で出現したようですね(>_<)

修理対応が終了していて、自分で交換もリセットもすることができない場合、

実質これがプリンターの寿命になるということですね(;・∀・)

廃インク吸収パッドエラー解除の画像

上図の様に再度、「Main pad counter」と「Platen pad counter」にチェックを入れて、

右下の「lnitialization」をクリックします。

確認画面がひょじされますので、「OK」をクリックします

廃インク吸収パッドエラー解除の画像

「OK」を押すと、

この下図の画面になりますが、ここで注意です!!

廃インク吸収パッドエラー解除の画像

プリンターの電源を切ったとに、「OK」を押します

廃インク吸収パッドエラー解除の画像

プリンターの電源を切ってから、「OK」ボタンを押すと、次の表示になります

廃インク吸収パッドエラー解除の画像

「成功したのでカウンターがリセットされていることを確認しましょう」ということです。

この表示を「OK」ボタンをクリックして消します。

その後、

「Main pad counter」と「Platen pad counter」にチェックをし、「Check」をクリックします。

廃インク吸収パッドエラー解除の画像

カウンターがリセットされていることを確認することが可能です(・∀・)b

この後、プリンターの電源を入れなおすと・・・

通常の画面に戻っていました\(^o^)/

これで、いつも通りにプリンターで印刷することができました(・∀・)b

廃インク吸収パットエラーを解除した場合の注意点

上記の流れに従えば、

難なくエラーを解除して、プリンターが使えるようになります。

ただ、

注意点があります。

それが、

「カウンターをリセットしただけで、問題は解決されていません!!」

ということですね。

どういうことか?

結局のところ、

廃インク吸収パッドはそのままです。

つまり、吸収パッドの本当の限界も近づいているということですね(;・∀・)

カウンター自体は余裕をもって表示されるようになっていると思われます。

なので、まだ使うことは可能だと予想されます。

でも、このまま使い続けて、本当に廃インク吸収パッドの限界を超えたら・・・

インクが漏れてきます(;・∀・)

なので、その対策もする必要がありますね。

対策としては

  1. 新しいプリンターに買い替える
  2. 廃インクパッドを交換する

この2つになると思います。

今回、私が使用しているエプソンプリンターEP-805Aは10年前に作られたものだということが判明されました(;・∀・)

ということは、機械としても限界が近いかもしれません。

つまり、

買い替え時期ですね(;・∀・)

潔く買い替えるのも検討する必要があるということです。

もう一つは、

廃インク吸収パッドを交換するということです。

始めに紹介したYouTubeではこの交換方法の動画も用意してくれています( ̄▽ ̄)

それを見て、廃インク吸収パッドを化粧用コットンと入れ替えることで、インク漏れの心配なく使用し続けることができるということですね(・∀・)b

今回は時間の関係上、交換していませんが、

近いうちにチャレンジしようと思います。

機械自体の買い替え時期ということもあり、失敗してもそれはそれで、いい経験かなと思っています(^-^)

それに、

先日、EP-805Aのインクを6色パックで購入したばかりです(ーー;)

これを使い切るまでは何が何でも使いたいと思っています(・∀・)b

まとめ

この時期、

年賀状を書くために久しぶりにプリンターを使う人も多いと思います。

で、いきなり、廃インク・・・なんてエラーメッセージがでて焦る人が多いそうですよ(;・∀・)

今回は廃インク吸収パッドのカウンターをリセットして強制的に解除しています。

注意点に書いているように、このまま使い続けると、インクが漏れてくる可能性も考えれれますね(;・∀・)

それがいつになるかわかりませんが・・・

その前に、

買い替えor廃インク吸収パッドの交換

を、実施していこうと思います。