作業台をDIYで自作

作業台をDIYで自作してみました(^-^)

作業台と言っても、DIYをするための作業台ではなく、

パソコンデスクとして自作しています。

費用はできる限り抑えるとして、私の分と、妻が作業をするスペース(羊毛フェルト)も同じように作ってみました(・∀・)b

始めは左右に2×4の柱を立てて、上に棚をつけれるようにして、折りたたみにして・・・等いろいろ考えたのですが、見た目がとても仰々しくなってしまう(ノД`)・゜・。

妻のアドバイスをもらい、

とてもシンプルな感じの作業台に仕上がりました(・∀・)b

スポンサーリンク
広告

作業台の天板をDIY

まずは、天板ですね

作業をするうえでとても重要なのですが、

何かを書くわけではないので、それほど表面の仕上がりは気にしませんでした

それよりも、

見た目重視!!

ホームセンターで売っている、継いでいる板は見た目が白いのでちょっと・・・

という妻の意見(;・∀・)

ではどうする???

ということで、コメリで何かないか探していると・・・

これを見つけました(^-^)

見えにくいですね

これです

コメリに売っている杉材のカフェ板

いわゆる・・・フローリング材ですね( ̄▽ ̄)

これは、色に幅があり、選べば好みの天板を作ることができます(・∀・)b

ただ、

杉板だけあって、柔らかい。

この上で紙に文字を書くと、カフェ板も凹んでしまいます(^^;)

それでも、パソコンデスクとしての板としては十分(・∀・)b

妻も、色に満足したみたいなので、このカフェ板を3枚購入することにしました

自分で切ることもできますが、できるだけ真っすぐ切りたいので、

サイズを指定してコメリでカットしてもらいました。

杉材のカフェ板のサイズ

このカフェ板のサイズですが

厚み:30mm

幅   :200mm

長さ:2000mm

私が横の長さを900mmもらい、妻が残りの1100mmを使うことに

奥行は450mmなので、1枚の杉板は縦方向にカットしてもらうことにしました(^-^)

こちらも何本かの細い棒上に切ってもらっています。

今回の作業台で使わない、残りはまた違うものを作成する予定なので、

それもまた紹介することができればと思います(^-^)

パソコンデスクとしてはちょっとサイズが小さめですが、これ以上大きくすると、何かと不便になるのでサイズとしては妥協ですね(;・∀・)

作業台の脚はアイアン脚を購入

天板は杉板を使用したのですが、

脚は・・・アイアンをご希望です・・・妻が(^^;)

まぁそのほうがカッコいいのですけどね。

で、

選んだのはこちら

鉄製のアイアン脚。

もともとテーブル脚として販売されているので4本セット

ネジもついているので簡単に取り付けることが可能です(・∀・)b

サイズが56cmと72cmがあるのですが、72cmを選びました

届いたのはこちら

細部はこんな感じ

マットな質感で、見た目はなかなかいいです

溶接部分はさすがにちょっと粗さが目立ちますが、

問題はないレベルですね(^-^)

それほど力を加えることは無いので、これで十分です(・∀・)b

下の丸い部分の受け皿。

これはプラスチック製

丸い部分にはめ込むだけです。

はめ込みにはちょっと力が必要でしたが、稼働するので床との当たりは良好です(・∀・)b

ちなみに、これは1セットのみの購入

つまり4本だけですね。本来なら私と妻の分のテーブルなので2セット必要なのですが・・・

その秘密は下でご紹介します( ̄▽ ̄)

と言ことで、

DIY作業台の作り方を続いて書いていこうと思うのですが・・・

後日アップします。

スポンサーリンク
広告