さつまいもの苗の植え方

さつまいもの収穫の話を書いたのでお次は苗植えについてなんですが・・・

私も知りませんでしたよ。さつまいもって本当に生命力が強い植物なんですね。

これは戦時中にたくさん作られるわけもわかります。

さつまいもの苗を植えさせてもらった時期がちょうど5月のゴールデンウィークあたり。嫁の実家が滋賀県なのでそれ以外の地域ではまた違ってくるでしょうけどね。

いざ、苗植えを手伝おうとしたのですが・・・

あれ?肝心の苗はどこ???

って、おやっさんに聞いたのですが・・・「これや、これ」と。

そこにはさつまいもが一つ植えてあり、蔓がたくさん伸びていました。

「???」

私の頭には見事にハテナマークが飛びましたよ。

それを察したのか、おやっさんは「この種芋の蔓を切って植えるねんで」と。

「え~」って本当に叫んでしまいました。

そうなんです。私はポットに入った苗を植えるつもりできたのですが、さつまいもって先に植えてあった親芋の蔓を切ってそれを植えるだけでそこから根を張って大きく成長するそうです。

なんとも生命力の強い植物!!それにこれはとても効率のいい植え方( ̄▽ ̄)

種になる芋を一つ植えるだけで、いくらでも株を増やすことができるんですからね。

後日、ホームセンターでさつまいもの苗を見たら、

しなしなになった茎が束になって売られていました。

これを買うよりも、今回のように、親芋から茎を切って植えたほうがコストを抑えることができます( ̄▽ ̄)微々たるものですが(^^;)

ということで、その時には合計で15株くらいを植えました。

そ言えば、種類を書いていませんでしたね。と言っても覚えているのは紫芋だけですが・・・そのほかに2種類のさつまいもを植えましたよ。

葉に乗るカエル

残念ながらさつまいもの苗植えの写真は撮るのを忘れていたのでその時にいたアマガエルの写真をアップしておきますね。

さつまいもの苗の取り方

さつまいもの苗の取り方は至極シンプルでした

上にも書いていますが・・・

早めに植えたさつまいもの蔓を切って、

それを地面に埋めるだけ!!

これだけで、ニョキニョキさつまいもが成長してくれるみたいですよ。

嫁のおやっさんには毎年美味しいさつまいもをもらっています(・∀・)b

シルクスイートはもちろんですが、

そのほか、紫芋や安納芋、もちろん、ザ・さつまいもの鳴門金時もいただいたことがあります。

個人的にはシルクスイートが一番美味しかったですね(^-^)

とはいえ、

さつまいもの苗を植えるにはそれなりのスペースが必要になるので・・・

育ててみたいですが、今はまだ難しそうですね(^^;)