ダイソーのちょこっとストーブ

ダイソーやキャンドゥに

『ちょこっとストーブ』

が販売されています。

100均ではなく、300円なんですけどね(;・∀・)

このちょこっとストーブが秀逸だということで、

話題になっていたのですが、売り切れ続出で手に入れることが難しい・・・

ということでした。

噂ではこの、ちょこっとストーブがドイツのアウトドアメーカー『エスビット』から発売されている『ポケットストーブ』と

ほぼほぼ一緒だということです( ̄▽ ̄)

本家のエスビットのポケットストーブはこの値段です

他のサイトではエスビットとダイソーやキャンドゥの製品がほとんど一緒( ゚Д゚)

という比較をしてくれているものもあるので、

参考にしてみてください(^-^)

で、

このちょこっとストーブですが・・・

ダイソーのちょこっとストーブの使い方

本来、

このちょこっとストーブの使い方は

固形燃料を使って、

メスティンやシェラカップ等を温めて、お湯を沸かしたりするんです

(出典:ダイソーサイト)

が、

私は、このちょこっとストーブを薪を入れて、焚き火台として使えたら・・・

って思って購入しました( ̄▽ ̄)

その前に・・・

ダイソーのちょこっとストーブの外観

パッケージ裏側にサイズや注意点が書かれています

材質がスチールなので、

ミニ焚き火台で使うこともできるんじゃないのかな~って思っています(・∀・)b

取り出すと、長方形型で

本当に手のひらサイズなので、

持ち運びに便利です(・∀・)b

真ん中から左右に開くのですが、

途中でストッパーがあって止まります(上の図)

さらに、開けると下の図のようになります。

どちらでも使うことができるので、

上に乗せるものによって使い方を変えるみたいです。

↑裏側

真ん中が凹んでいますが、ここに本来は固形燃料をセットするようになっています

私は使ったことありませんが(;’∀’)

ダイソーのちょこっとストーブを焚き火台として使ってみた

実際に焚き火台として使ってみました

こんな感じです

ちょっと、薪を詰めすぎた感が否めません(^^;)

もう少し、薪の大きさを整えたほうがよかったかもしれません。

それでも、焚き火台としては使うことができました。

問題と言えば、

長時間使うには灰をかき出しにくいということですね(^^;)

それ以外はちょっといいサイズで納まってくれましたよ(・∀・)b

ソロキャンプでちょっと火を見たいなという時には最適です

↑焚き火後です

炭や灰を捨て、洗いました。

まぁ・・・真っ黒ですね(;・∀・)

↑裏側です

こちらもちょっと焦げていますが、穴が空いたなんてことはありません(・∀・)b

閉じた見たのですが、

焚き火前と変わりなく開閉することが可能でした。

と言っても、まだ一回しか使っていないので、何度か使用した後の状態も後日お伝えできればと思います(^-^)

まとめ

ダイソーやキャンドゥにちょこっとストーブ(ミニストーブ)が販売されています

本来は中央に固形燃料を置いてつかうのですが、

私は焚き火台として使ってみました。

結論は問題なく焚き火台としても機能しましたし、

使用後、状態の変化もありませんでした(・∀・)b

で、何と言ってもドイツ老舗アウトドアメーカーのエスビットのポケットストーブとほぼほぼ同じなんですから、

これはアウトドアをする人なら1つ持っておくと重宝するかもしれません( ̄▽ ̄)