交通事故の対応方法

と、言うことでいろいろ交通事故に関していろいろ調べてみたわけです。

被害者でも加害者でも交通事故を起こした場合の事故現場での対応は同じようですね。

交通事故を起こした時の対応の一連の流れとしては以下のようになるようです
①けが人の救護

②警察への連絡

③相手の身元を確認

④事故の状況確認

⑤目撃者の確認

⑥保険会社へ連絡
事故現場ではこれらのことが必要になるみたいです。改めて調べてみると多いですね(^_^;)しかもこれだけのことをパニックを起こしているかもしれない状況の中で行う必要があるんですね(>_<)

事故の加害者でも被害者でも冷静な行動が要求されますね。

さらに、交通の妨げになるような事故の場合は交通整理的なことを必要になるみたいですよ。混乱が起きて二次被害が起こらないようにもしないといけませんね。

この6項目をさらに詳しく見ていこうと思います。

まず、

①けが人の救護

これは当たり前ですね。

大きな事故になったり、人身事故の場合は大怪我を負っている人もいるかもしれません。

もしかしたら車に挟まれていたりしているかもしれませんし。

ガソリンが漏れていたりすると発火や爆発の恐れもあるので注意が必要ですし、速やかにけが人を移動させる必要がありますよね。

時には、救命処置(胸骨圧迫等)も必要になるかもしれません。
けが人を安全な場所に移動したら救急車を呼ぶ必要がありますね。もし近くの人が手を貸してくれそうなら先に救急車を読んでもらっておくことも可能かもしれませんね

ちなみに救急や消防は119ですね。
調べてみるとこんなことも書かれていましたよ

『今は大丈夫でもあとから症状が出てくるかもしれないから、念のため救急車を読んでおくほうがいい』と。

確かに、外傷がない場合でも実は体の中で出血等をしていて突然倒れた。なんてこともあるかもしれませんからね。そんな時に迅速な対応をしてもらうことができれば助かります。
②警察への連絡

けが人の安全を確保できれば警察への連絡ですね。

救急車を呼ぶときに把握しているかもしれませんが現在地を知る必要がありますね。

自動車にカーナビが付いていれば現在地を確認することは可能。

また、スマホの地図で現在地を確認することもできますね。
③相手の身元を確認

相手の身元は免許書等で確認することも可能ですからね。
④事故の状況確認

事故現場の証拠写真もスマホ等で撮影しておくことも大切ですね。

事故の様子は詳しければ詳しいほどいいのでお互いに話しておくことも大切ですね。
⑤目撃者の確認

意外と重要なことがこれです。

事故を目撃した人の確保。

第三者の意見はとても重要になってくるので後続車の運転手や事故を目撃していた通行人等の連絡先を聞いておくといいですね。

特に自分が加害者の場合で相手が信号無視等をしていた場合などの証言があるととても助かります。まぁ事故の状況次第ですけど。
⑥保険会社へ連絡

自分の保険会社への連絡ですね。加害者でも被害者でもその時に連絡をしておけば保険会社再度でも必要書類を用意してくれたりしてスムーズに手続きをすることができます。

また、弁護士の特約等をつけている場合は必要な時には利用することも可能ですからね。

と、まぁ交通事故をお越した時にはこんな感じで対応することが必要になるみたいです。

と言っても、事故の現場で冷静な判断が出来るかどうかは・・・わかりませんよね(^_^;)
事故は起こしたくないですが、いつ何時事故を起こすかわからないので、交通事故の対応マニュアルなんてものを作っておいてダッシュボードにでも入れておいてもいいかもしれませんね。

パニックを起こしていたら救急の電話番号すら忘れてしまうことがありますからね(^_^;)あれ?117だったっけ???って。

スポンサーリンク
広告