アルツハイマー病の新薬が発売されるかも!?

人類の朗報ですね( ̄▽ ̄)

不治の病と言われているアルツハイマー病

それに対する新薬が販売されるかもしれません!!

というよりも、

2023年には実用化されるみたいですね(^-^)

『レカネマブ』という薬だそうですが、

アルツハイマー病の進行そのものを抑える働きがある薬です。

今まで、アルツハイマー病の治療は対処療法だけしかありませんでした。

対処療法というのは、熱が出たら、解熱剤。痛みがあるのなら鎮痛剤。

こんな感じで、症状を和らげるためのもので、根本的には本人の治癒力で治すといったものになります。

ですが、アルツハイマー病は不治の病と言われるだけあって、今の技術では治すことができません。

でも、エーザイとアメリカのバイオジェンとの共同開発により、進行を抑える薬『レカネマブ』が開発されました(・∀・)b

治験も最終段階で認証されれば2023年には実用化される見込みだそうですよ!!

認知機能が低下してから、軽度認知症になるのを2.53年遅らせ、さらに、中程度認知症には3.34年遅くなるとのことです。

認知症の画像

但し、発症初期でないと十分な効果を期待できない感じですね。

レカネマブは脳の細胞をよみがえらせるわけではないので、脳細胞が破壊される前に開始する必要があるみたいです。

つまり、早期発見をしなくてはいけないということです。

もし、

2023年に実用化が始まったら、脳神経外科や物忘れ外来、認知症外来などに患者が溢れるかもしれませんね。

少しでも兆候があれば、すぐに検査することが重要になるということですからね!!

ただ、

問題もあるみたいです。

一つは費用面

新しい薬は高いです(^^;)

年間600万円以上かかるかもしれないと・・・(゚д゚)!

もう一つは、上記の様に早期発見が重要になりますが、

認知症外来って受診しにくいですし、受診を進めるのもなかなか難しいです(>_<)

それでも、進行を遅らすことで、その後の人生は確実に変わってくるはずなので、説明するしかありませんね。

認知症の画像

ちなみに、

アルツハイマー病は異常なたんぱく質である『アミロイドβ』が蓄積し、

この影響により、神経細胞が壊れると考えられています。

まだまだ原因は解明されていませんが・・・

アルツハイマー病の進行状況は

・前兆(軽度認知障害):日常生活に支障をきたすほどではない、記憶障害

・軽度認知症:直前の出来事を忘れる。同じことを何度も聞き返す

・中度認知症:新しことが覚えられない。日常生活に支障が出てくる

・重度認知症:自発性や意欲の低下。記憶障害が目立つ

この流れです。

ただ、軽度認知症でも今までやっていた動作や行動(運転や料理など)は覚えているので、なかなか気づくことが難しいとされています。

そんな中で、レカネマブの対象者は「軽度認知症害」「軽度認知症」になるみたいですね。

家族や周りの人の観察力がカギになってきますね。